「中に誰もいませんよ」School Days 最終回 Magical chocolate cat

  Magical chocolate cat

太陽昇れば また新しい朝 今日がどんな日でも 同じひとつの朝

ホーム > スポンサー広告 > 「中に誰もいませんよ」School Days 最終回ホーム > 独り言 > 「中に誰もいませんよ」School Days 最終回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「中に誰もいませんよ」School Days 最終回

 ごめんなさい、昨日付けの更新が出来なくて(ぺこぺこ)
 よくサボってるじゃない、わざわざなんでって感じですね。
 や、そうなのですが、途中までは書いたのですよ。
 それが、School Days最終回のショックでもうね……。
 更新する気力が失せちゃいました。

 替わりに、Nice boat.をお送りします。

 スクイズ最終話を観ました。
 ごめん、悪かった。
 これは地上波で流せないモノだ……。

 ゲームで使われた、いとうかなこの"悲しみの向こうへ"ENDに行けばいいなー、と始まる前から言っていた私。
 実際に、12話の挿入歌として流れたときに、身震いしましたよ。
 
 じゃあ、ネタバレ行くか――。



































 この改行の意味は、観た人だけがわかるかもしれない。
 で、ネタバレを書こうと思ったのですが、どうしたものか。
 てきとーにあらすじを追いながら感想を書きますかね。

 誠が言葉とレストラン。
 そこへ世界から帰って来い電話が。
 執拗な追求に誠がキレて「言葉ならそんなこと言わないのに」、さらに「なんで子供なんか作ったんだ」とか。
・おいおい、子供は一人じゃ作れませんよ。
 料理をぶちまけて帰る世界。
 レストランでの食事を終え、言葉を釣れて自宅へ帰る誠。
 電車に乗っているところを目撃する世界。
 自宅へ戻った誠、世界がぶちまけた料理を溜め息混じりに片付ける。
 そこへ世界がやってくる。
・エレベーターで↑ボタンを連打する世界が怖っ!
 そして、世界の押したドアフォンに言葉が出て、世界が言葉をビンタ。
 キレて言葉に出て行けと叫ぶ世界。
 それに対抗して、言葉が刹那の想いや行動をぶちまけ世界ショック。
 更に、自分がくっ付けたクセになに言ってんだと完膚なきまでに叩く。
 最悪の追い討ちに、誠とディープキスキスキス!!
 世界、すごすごと誠の部屋から去る。
 Aパート終了

 Bパート開始
 世界と刹那の入学当初の会話と、精神世界の仮面刹那が世界への追求。
 刹那は誠のことが好きだったのを知っていました――黒い世界を暴露。
 言葉を誠にあてがって、世界が誠に近付いたことも自覚させ追い討ち。
・世界はちゃんと黒いんだよ、ってことが明らかになっていい展開だ。
 そこに誠から世界へメール。言葉による病院の紹介があるから行けと。
・酷い、酷過ぎる。誠死ね。まあ、ここまできたら全員自業自得とも。
 学校。世界から誠へ、会って話したいと。
 誠と言葉、屋上でお昼。誠、改めて言葉に告白。キスキスキス。
 学校から戻り、誠の部屋で世界と二人。
 病院へ行ったか尋ねる誠に顔を背ける世界。
 お茶を入れようかと立とうとする誠を制して、世界が台所へ。
 世界、ゴミ袋の中の捨てられた料理を見つめ、携帯でメールを……。
 誠の携帯が鳴り、それを取りに自室へ行く。
 それを確認し、包丁片手に世界が――。
 その頃、言葉は心と一緒に、誠との晩御飯の買い出しを。
 戻って、世界から誠へのメール。鳴り響くやかんの沸騰音。
 "ごめん" たくさんの改行の後 "さよなら"
・この瞬間、"悲しみの向こうへ"が。物凄くいい挿入の仕方に身震い。
 世界が誠を――刺す。
 酷いよ――刺す。
 逃げようとする誠にまたがり――刺す。
 自分だけ桂さんと幸せになろうなんて!――刺す。
 走馬灯のように、ふたりの想い出が――刺す刺す刺す。
 誠の断末魔「世界……」――正気に戻る世界。
 惑い、怯え、逃げ去る。
 その後、言葉がその惨状を目の当たりにする。
・心ちゃんがついてこなくてよかった……さすがにそこまではねぇ。
 自宅へ帰り、ベッドの上でうずくまる世界にメールが。
 伊藤誠:屋上で待ってる
 学校の屋上へ赴く世界。ジャケットの右ポケットには――。
 待っていたのはひとつのバッグと、言葉。
 世界を詰問する言葉。
 キレる世界。だんだんと瞳が暗くなる言葉。
 「誠君ならそこにいますよ。訊いてみたらどうですか?」
 バッグを開ける世界。その中にあるものは――(おそらく)誠の首。
 それを見て口を抑える世界。
 言葉、伝家の宝刀ノコギリを取り出し、
 「西園寺さんの言っている事、本当かどうか確かめさせてください」
 左手で世界の右手を封じ、右手のノコギリで世界の首を掻っ切る。
・ここまでは読んでいた。きっとそうなると。しかしこの後……
 言葉は倒れた世界の腹を捌き
 「やっぱり、嘘だったんじゃないですか。中に誰もいませんよ」
 と、世界のお腹に"赤ん坊"がいないことを確認。
 妊娠2-3か月じゃそんな形になっているはずもなく。
・これはさすがに地上波で流してはいけないシーンだと思いました。
 言葉、誠と乗るはずだったクルーザーの上で横たわる。
 Nice boat.
 いや、一緒に乗っているのかもしれないが……その首だけだけれど。
 Bパート終了

 エンドロール:KIRIKO "Still I Love You ~みつめるよりは幸せ~"

 Cパート
 誠のモノローグに乗せて、誠・世界・言葉のいない学園で過ごす学生達

 ――――――――――

 ゲームよりも酷いエンディングだった。
 凄惨過ぎる最後に感動すら覚えましたよ。
 ここまでやるか、と。

 誠と世界の今際の際の目。
 言葉による世界の腹掻っ捌き。
 散る言葉も入れてこのみっつは本当に凄かった。

 それにしても、1話からずっと「誠死ね」と言い続けていましたが、
 最終話だけは、そんな気持ちはどこかへすっ飛んで行ってましたね。
 まあ、いい誠は死んだ誠だけなんですが。 

 これを作り上げたスタッフのみなさまに感謝を。
 放送したAT-Xに乾杯。
 ぬまきちはNice boat商法でやらかしたから誉めてやらない♪

 勿体無いのは、刹那の妊娠フラグを残したことカナ。
 あと1話あれば、刹那も殺されていたかもしれない((((;゚д゚))))

 こんな怪作、もう出てこないかもしれないなー。
 や、そうそう来られても困るわけですが。

 じゃあ、みなさま良い夢を――。
スポンサーサイト
[ 2007/09/28 02:09 ] 独り言 | TB(0) | CM(4)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/06/09 23:05 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/07/22 22:42 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/01/23 15:49 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/05/12 15:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




天使の羽根を踏まないでっ

  
  

  長文用メールフォーム

  頂けたら小躍りします。
  基本的に全レスの方向で。
  不要の場合はお書き添えを。
 
  うさみーのmixi


無料カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。